中国生活日記

中国での日常生活や中国語学習などについて書いていきます。

スポンサーリンク

小米のスマートフォンを購入しました!

スポンサーリンク

こんにちは、こんばんは、おはようございます。akasha88です 。

 

先日スマートフォンの機種変更について記事にしました。

akasha88.hatenadiary.com

 

そして、すぐに買ってしまいました♪

スポンサーリンク

 

実は記事を書いてから、2、3日後には買ってしまっておりました♪

 

不思議なもので、調べ始めるとすぐに欲しくなります。

 

前回の記事ではRedmiのK40について書きましたが、実際に購入したのはRedmi K40のゲーム増強版です。

 

価格はK40と同じ2499元でした。キャンペーンなのか、元価格は2699元が200元引きで2499元となっていました。

(上に楽天のリンクを貼ってしまいましたが、日本の価格はかなり高いですね。)

 

K40よりもカメラの画素数が大きいのと、メモリが大きいのでこちらにしました。

 

特にメモリが大きいのが良いですね。2499元のK40は8GBでしたが、Redmi K40 ゲーム増強版は12GBです。

 

ヌルヌル動きます。

 

今まで使っていたHuaweiのHonor V10は6GBだったのですが、本当に遅かったです。

 

中国ではビルやお客さんの工場とかに入る際に健康コードを提示する必要があるのですが、今までのHuaweiのHonor V10はとても時間がかかりイライラしていましたが、今回のRedmi K40 ゲーム増強版はめちゃくちゃ早いです。

 

今や起きている時間の1/3位はスマートフォンを触っているので、スマートフォンの反応が早いと本当にストレスがありません。

 

ただ、問題が一つありました。

 

それは

 

それは、、

 

Redmi大陸版にはシステムでは日本語が無いと言う事です。

(国際版にはあるようです。もしかしたらここで価格差を出しているのかもしれません。)

 

今まで上海に来てからずっとHuaweiを使っていたのですが、全て日本語がありました。

なので、全く考えておりませんでした。

 

最初は驚いたのですが、結構何とかなるもので、使い始めて5日もするともう慣れてきました。

 

もちろんシステムでは日本語は無いものの、入力とかは出来ますので問題ありません。

 

アプリでも個別で言語を設定出来るものは日本語も選べますが、アプリによっては言語がシステムと連動しているものもあり、そういったものは日本語に出来ません。

 

まぁ元々Huaweiを使っていた時から微信は中国語で使っていたので、あまり違和感はありませんでした。

 

元々小米製品は結構使っていたのですが、スマートフォンは初めてでしたが、今の所大満足です。