国際結婚×セミリタイア×沖縄移住(を目指すブログ)

国際結婚夫婦の日常や日中ハーフの子育てについて書いていきます。

スポンサーサイト

納豆を自作してみました。

スポンサーリンク

f:id:akasha88:20200202015634j:plain

自作納豆
私は納豆が好きで、日本ではよく食べておりました。
 
味も好きですし栄養もあるので、東京で一人暮らしをしていた時も、納豆、卵、
牛乳を摂っていれば死なないと思って家に常備しておりました。
 
上海でも日系のスーパーには納豆はあるのですが、とても高いです。
 
日本では3パックで安いものでは60円位からあり、そこそこ良い納豆でも120円~150円位で買えると思いますが、上海では一番安いもので3パック12元(≒190円)位します。
 
高い物では20元(≒320円)くらいする物もあります。
 
そこで、阿信さんという方のブログを参考に納豆を自作してみました。
 

スポンサーリンク

 

 

阿信さんの自作納豆のブログは↓から見れます。
https://axin.asia/homemade_nattou/

阿信さんはガスタイプの圧力鍋を使用していた様ですが、私の家には無かったため、
奥さんのお母さんからもらった美的(Media)の電気式圧力鍋を使用して大豆を煮ました。
 
大豆は乾いた状態の500gで9.8元(≒155円)でした。
今回は大体半分使用しました。
 
↓は一晩水につけた状態です。

f:id:akasha88:20200202020413j:plain

大豆
↓が使用した美的(Midia)の電気式圧力鍋です。

f:id:akasha88:20200202020105j:plain

電気式圧力鍋

納豆菌は京東(京东 jīngdōng)で9.8元(≒155円)で買いました。
0.3gの袋が10袋入っております。

f:id:akasha88:20200202020143j:plain

納豆菌
中国でもNattoって書いてますね(笑)

ちょっと写真を取っておらず申し訳ありませんが、煮たら皮が取れているものもありました。
 
もしかしたら豆を煮る時間が長すぎたのかもしれません。
 
ちょっと柔らかすぎる様な感じでした。
 
その後、阿信さんのブログを参考にして納豆菌を溶かして入れて混ぜ、ヨーグルトメーカーに入れました。
 
ちなみにこのヨーグルトメーカーも奥さんのお母さんからもらった物です。

f:id:akasha88:20200202020448j:plain

ヨーグルトメーカー

柔らかすぎて心配でしたが、食べてみると味は美味しかったです。

次回は豆を煮る時間をもう少し短くして見ようと思います。

 

材料費だけで言うと5元(≒80円)位で、8パック分位の納豆を作る事が出来ました。

f:id:akasha88:20200202015634j:plain

f:id:akasha88:20200202020523j:plain

たまたま奥さんの実家でヨーグルトメーカーをもらったのと、たまたま阿信さんのブログを見つけたので、作ってみましたがかなり良かったです。
 
実際に食べてみましたが、美味しかったです。
 
今回は普通の醤油をかけましたが、めんつゆ的な物を用意した方がもっと美味しいかもしれません。
 
次回はまだ半分豆があるので、豆を煮る時間を変えて見たいと思います。