国際結婚×セミリタイア×沖縄移住(を目指すブログ)

国際結婚夫婦の日常や日中ハーフの子育てについて書いていきます。

スポンサーサイト

未来の世界

スポンサーリンク

こんにちは、こんばんは、おはようございます。akasha88です 。

 

私は1歳の子供がいます。

 

私がよく考えるのはこの子がおとなになった時にはどういう世の中になっているのだろう、という事です。

 

私は少なくても人間が働く時間はどんどん少なくなっていくと思っています。

 

毎日8時間とか、夜の10時まで働く、みたいな世界はだんだんなくなると思っています。

 

現在実験的に一部の企業が週休3日にしている様ですが、これももっと広がると思っています。

 

考えてみると私が子供の時は、公務員の父は土曜日も仕事でした。

スポンサーリンク

 

小学校だって半ドンですが、土曜日もありましたよね。

 

それが中学くらいから隔週で土曜日が休みになり、高校生の時には土曜は完全に休みになりました。

 

こと製造業に関しては、基本的に働く人間は少なくなり自動化が進むと思います。

 

またその他業界でも在宅や遠隔での作業が進み、移動にかかる時間が減ることで効率が良くなり、労働時間は少なくなると思っています。

 

その移動に関しても、自動運転が広がり(まぁこれには30年以上かかりそうですが)、自分で所有する車ではなくシェアリング、もしくはスマートフォン等から予約すると家の前に車が来て、その車に乗ると目的地に着く、みたいな。

 

この間がっちりマンデーを見ていたら、線路の上を走るバスみたいなのが紹介されており、司会の加藤さんはこれが家の前まで来てたら、買い物行くのも便利だよねぇ、みたいに言っていましたが、近い将来娯楽としての買い物ではなく日々の(事務的な)買い物に関しては、もうネットが主流になるでしょうね。

 

上海では既に叮咚买菜,盒马,每日优鲜などのネットスーパーが広がっています。

 

現在はバイクで人が届けていますが、これが自動運転やドローンを使った配達に置き換わっていくと思います。 

というか、そういう風に考えているのであれば、私もそういったサービスを開発して起業すれば良いのですが、、

 

まぁこういう自動運転とかドローンとかは日本は規制が強そうですね。

 

そして世界の進歩から取り残されそうです。

 

後はそれがどれくらいの都市まで出来るか、というのも問題だと思います。

 

誰かも書いていましたが、50~60歳くらいまでは適度な田舎暮らしで、老後は都心で暮らしたほうが良いかもしれません。

 

話を戻しますと、だんだん人間がしなければいけない仕事が減っていくと思っています。

 

その様な世界になったら、スポーツや芸術の方が重要になるのではないかなぁと思っています。

 

今のYoutuberも近いかもしれません。

 

そういえばコロナ渦で時間がある人が増えたからか、ギターの売上が好調みたいですね。

news.yahoo.co.jp

こういう流れは今後も続くのでは無いかと思っています。

 

また栄養的な食事という意味では、完全食のソイレントみたいなのがもっと広がるかもしれませんが、娯楽としての食事は永遠に無くならないでしょうね。

なので料理人なども良いかもしれません。

 

人間は人間にしか出来ない事が50年後、100年後も残るのでしょうね。