国際結婚×セミリタイア×沖縄移住(を目指すブログ)

国際結婚夫婦の日常や日中ハーフの子育てについて書いていきます。

スポンサーサイト

上海ではショッピングモールなどに子供の遊ぶ所がかなりあります。

スポンサーリンク

こんにちは、こんばんは、おはようございます。akasha88です 。

 

私は日本の事をちょっと忘れてしまったのですが、中国のショッピングモールには有料の子供の遊び場が数多くあります。

私のイメージだと日本だと無料の公園などで遊ぶ事が多い気がしますが、中国ではお金を払って遊ぶ子供の遊び場が多いです。

しかも結構料金が高いです、、、

スポンサーリンク

 

中国の公園は子供の遊び場というよりは憩いの場の様になっている事が多く、子供向けの施設(ブランコ、雲梯、滑り台など)はあまり多くない印象です。また砂場もないですね。

 

砂場について奥さんに聞いてみたら、外の砂場なんて猫が糞していて汚いでしょ、と言われてしまいました。

 

先日奥さんが行っていた病院の妊婦さんのグループチャットの人たちで静安寺にあるMini Marsというところに行ってきました。

f:id:akasha88:20210814161607j:plain

これもいい値段がしますね~

 

中国では子供の教育にお金をかける事に抵抗が無い人が多い気がします。

 

日本のショッピングモールなどでもこういった施設はあるんですかね~

baijiahao.baidu.com

 

これまで子育てをしていなかったので、あまり気にした事がありませんでした。

 

私のイメージですが、中国では子どもたちだけで外で遊ぶ事が多くないのだと思います。

 

午後2,3時頃になると小学校の前には子供の帰りを待つおじいちゃん、おばあちゃんがいっぱいいます。

 

何故かと言うと、中国の小学生は基本的に一人で帰りません。誰かが迎えに来てくれて一緒に帰ります。

 

これは以前の中国では誘拐が横行しており、一人で帰ると誘拐される可能性があるからです。現在はかなり減っていると思いますが。

 

そのため、恐らく帰宅後の遊びに関しても子どもたちだけで遊びに行く、というのは少ないんだと思います。

まぁそもそも中国の小学生は宿題がいっぱいで遊んでいる時間が無いかもしれませんが。。

 

中国政府は、恐らく人口増加の目的で、過度な教育を抑制する方針を出しました。
これまでの様な詰め込み教育では教育費もかかり、一人っ子政策を止めても多くの家庭では2人目、3人目を産まないためです。

 

中国版ゆとり教育ですね。

 日本では失敗したゆとり教育ですが、今後中国版ゆとり教育がどうなっていくのか注視したいと思います。